眉毛育毛剤 口コミ ランキング

眉毛の乾燥は成長を遅らせる!眉育効果も期待の眉毛育毛剤がおすすめ

乾燥は肌に大敵とよく言われていますが、これは眉毛にも同じことが言えます。

 

感想は眉毛の悪影響!成長を防いでしまいます。

 

乾燥の季節冬に注意

 

乾燥しやすい季節、特に冬には注意です。
肌も乾燥しないように化粧水や乳液など使って保湿をするかと思いますが、眉毛も乾燥してしまうので保湿をしないとダメージを受けてしまいます。

 

目周辺は乾燥しやすい

 

目の周辺の皮膚は他の場所と比べて皮膚がかなり薄く、鼻やあごのように皮脂分泌が少ないので肌から水分がすぐ抜けていき乾燥しやすくなってしまいます。 シワの原因にもなりやすいので保湿は重要になります。

 

眉毛の乾燥

 

目元は眉毛も含んでおり、乾燥に弱い部分です。眉毛が乾燥していると実感する人はほとんどいないと思いますが、皮膚が薄い部分ですのですぐ乾燥してしまいます。眉毛は髪の毛と違い細く薄いので外部や内部からの刺激には弱くすぐに抜けてしまうことがあります。

 

眉毛も保湿しよう

 

肌を保湿すると同様に眉毛も保湿をしましょう。保湿をしてあげることで眉毛が成長しやすいような環境を作ってあげることが大事です。乾燥していたら眉育をしてもその効果は半減以下になってしまいます。

 

眉毛が乾燥する原因

 

1、お湯で洗顔

 

冬の時期だとお湯での洗顔をしてしまう人が増えていますが、これはよくありません。

 

眉毛から必要な油分をとってしまい乾燥を招いてしまいます。

 

冬でもぬるま湯で洗うのが油分を取りすぎない最適な方法です。
お湯は眉毛も肌も負担がかかってしまいますので使わないほうが無難です。

 

2、暖房を直接あてる

 

 

寒い季節になると暖房やヒーターをつける人は多いと思います。それ自体にに問題はありませんが、問題はその温風が直接当たるかどうか。寒いのでついその温風を自分の方へ向けたくなりますが、これをすると眉毛が乾燥しやすくなります。時間をかければ次第に部屋は温まりますので風の方向を直接自分に向けないよう意識することが大切です。

 

3、紫外線を浴びる

 

夏が圧倒的に強い季節になる紫外線ですが、冬でも紫外線はあります。冬の場合は紫外線に加わり空気も乾燥していますので夏同様に油断はできません。髪の毛も紫外線で多く抜けてしまうのでそれよりも毛が弱い眉毛はもっと抜けやすくなります。目に見えない紫外線ですが、少し当たるだけでも肌の奥にシミの元ができてしまいそれほどのダメージを眉毛同様に与えてしまいますので肌だけではなく眉毛にも紫外線対策は必要になります。

 

眉毛の乾燥は肌や髪と同じです。肌や髪も悪ければ眉毛にも悪いのです。眉毛は髪と同じ毛ですが、細く毛根も太くありませんので抜けやすいです。そうなると眉毛のある部分が薄い、まだらになってきたなど、見た目にも変わってしまいますので早めの予防をしていきましょう。

 

眉毛の乾燥を防ぐには?

 

1、加湿器

 

乾燥を防ぐためには加湿器が有名で健康も考えて使う人が多いです。加湿器を使用することで肌だけではなく眉毛も保湿してくれます。 加湿器にもさまざまな値段があってどれがいいのか迷うかもしれませんが、基本的には部屋の大きさごとにあった加湿器を選んでおけば間違いはないでしょう。

 

2、保湿する

 

部屋をかしつのもいいですが、それだけでは不十分で眉毛にも直接保湿することが有効です。保湿力の高いクリームなどを塗って乾燥を防ぎましょう。

 

3、眉毛育毛剤

 

眉毛が薄くなったと感じてきたならそれは保湿だけでは限界があります。眉毛育毛剤も使用して眉毛のケアもしていきましょう。

 

最近では眉毛育毛剤一つでも眉育はもちろん保湿もできる商品も出てきましたの、でそのような眉毛育毛剤を使用することで太く濃い眉毛生やすことができるようになりました。

 

眉毛部分は髪とは違い目元の部分とあってとてもデリケートな場所です。今後の眉毛のためにもしっかりとケアしていきましょう。